脚のむくみ

8月のお盆過ぎから、右脚がしょっちゅうツル状態が続き、違和感が出始めました。

腰痛や坐骨神経痛などを持っていたため、整形外科へ9月頃からリハビリなどを始めました。CTやレントゲンにも異常は見られず、なんだろう?と思いつつ、弾性ソックスを右脚だけ付けて日常生活を送っていました。

11月は、アクシデントもあり、忙しく走り回ってました。

そんな中、カラダが悲鳴を上げてたので、終業後全身もみほぐしへ行って来ました。長らく気になっていた、右脚のむくみもスッキリしたーと思ったのも束の間。

階段の登り降りに、動悸がする。息がしづらい。これまでにない、息苦しさを感じました。洗濯物を運ぶだけでも、胸が踊る(うれしいわけではない)。

会社が予防接種でお世話になっているクリニックに閉院間際に飛び込んで、診察、レントゲン、血液検査。

酸素量の検査をすると92パーセントに下がってました。ただごとではないと、先生からお話があって明日の昼以降、血液検査の結果が出るから来なさいと言われました。ここでは、造影CTとかは撮れないので、大きな病院を紹介するには、少しでも早い時間帯でと。

翌日、仕事を途中抜けて、クリニックへ。先生の予測通り?Dダイマーとやらの血栓ができやすい数値が高く、血栓できてるね。と診断されました。

地元の大学病院は診察予定は、週明け月曜日

状態がわかったので、すぐにでも診察を受けたかったので、循環器科有名な国立医療センターへ翌日診察が受けられるように、先生が手配してくれました。この日が、12月3日。

ただ、フリー枠で取った予約なので、検査は受けられないかもと言われました。

12月4日、不安を抱えて主人付き添いで受診。動悸息苦しさがあるからと、車いすを勧められて、渋々乗りました。でも、広かったので車いすで正解でした。

診察→レントゲン→造影CT→採血→エコーと回る予定で最後のエコーで待ってたら、急遽、診察室へ呼ばれて、肺に血栓が映ってる。

今すぐ、入院です!と言われ、動揺しました。まさか、即入院って…

右足ふくらはぎにこんな感じで血栓ができてしまったみたいです。右脚ふくらはぎがむくんで、パンパンになってました。2週間ほど前にマッサージに行ってもみほぐしてもらったら、むくみが解消したと思っていたのですが・・・

 

 

お問い合わせはこちらから

メール送信後、3日経過しても返信がない場合は、PCメールが受信できない設定になっている可能性がございます。
携帯やスマフォのキャリアメールの場合は、受信設定の変更をお願い申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

和風な・・・